帯広市内のプレ幼稚園こりすクラブの情報です。問い合わせは随時受付中

 

お母さんの声

   
お母さんの声

私の息子がこりすクラブに通い始めたきっかけは、息子を妊娠中に「いい母親学級に行ってみない?」というお友達の紹介からでした。親身になって話をきいて下さる先生方の姿に私は安心感を持ち、息子が3ヶ月になったすぐに0歳児教室に通い始めました。
教室では、心配事、疑問事等を否定せずに丁寧に受け止めて下さる先生のおかげで私自身大変救われ、育児に積極的に関わることができたと思っています。
息子が2歳児毎日コースに通いたいと言い、そこでは日々の散歩で体力づくりやお友達との関りで自分の意思の伝え方を根気よく先生方に教えていただいたおかげで息子は実にたくましく成長してくれたと感じています。
こりすでの下積みがあったおかげで帯西幼稚園に通い始めても毎日楽しく、喜んでバスに乗って行くことができ、お友達と積極的に関わり、生き生きと毎日過ごすことができていると思います。
本当にマタニティーからこりすクラブに通うことができ、大変ありがたく、私自身楽しく育児を行うことができたと感じています。          Hさん   

こりすクラブでは、子育ての基礎を作っていただいたと思っています。0,1,2歳を通して家ではできない遊びを沢山させてもらって親子で楽しめました。だだこね、ぐずり等の時期には、なぜそうなるのか理由を教えてもらったお陰で子供の行動を冷静に受け止められ、見守ることができましたし、子供の今の状況に合ったアドバイスをもらえたので、安心して楽しく育児ができました。クラスで知り合った沢山のお母さんたちも私にとって大きな存在でした。共に子育ての悩みを語り合い、お互いの子供の成長を喜び合えたことは、こりすクラブに通わせなければできなかったことと思います。
我が子もこりすクラブに通い、色んなことに興味を持って意欲的に活動したおかげで、食事、身支度、トイレなども自分から積極的に身につけようとする子に成長してくれたと感じています。子育てでは、迷い悩みながら育てる中で「それでいいんだよ。大丈夫だよ。」と言ってもらうことで救われることが沢山あります。こりすクラブはそれを言ってくれるところで大変だったこと、頑張ったことを共感し認めてくれるお母さんのような所でした。先生にかけてもらった優しい言葉や励まし、共感してもらった体験を通して私もまた一つ一つ成長し、同じように我が子にしてあげられるのだと思います。
まだまだ、育児は続きますが、迷った時、困った時はこりすクラブで作っていただいた基礎に立ち返り、子供と共に成長していきたいと思っています。
こりすクラブには本当に感謝しています。ありがとうございました。   Wさん

 こりすクラブ。私にとっては親子で成長できる場。そして、私自身元気になれる癒しの場でした。マタニティーから2歳コースまで通いましたが、通う中で我が子の成長を目にして嬉しい反面、お友達とのトラブルを目にしたり、他の子と比べてはいけないと思いつつも比べてしまったり、こんなふうに育ててしまったのは、私の育て方が悪かった?と悩んだことは多々ありました。我が子はとても可愛いけれど、母親は24時間365日一緒。時に悩みとストレスがたまり、イライラする事も・・・・(こりすクラブはディスカッションの場でもあります。)
今、私が子育てを楽しいと思えるのは、いつも悩んだ時、こりすの先生方が、私の育て方を否定するのではなく、アドバイスをくれたこと。そしてこりすクラブで知り合ったママ友達がいつも私の話を聞いて励ましてくれたからです。教室の中で沢山のママ達の話を聞いていると悩んでいるのは私だけじゃないんだ!といつも元気をもらっていました。こりすクラブを通して、心許せるママ友達ができたことに感謝しています。    Uさん 

マタニティー教室に通って
二人目を妊娠した時に、こりすクラブマタニティー教室に通いました。教室では、おなかの赤ちゃんを意識すること、自分のお産にこだわりをもつこと、「自分はどうしたいのか」自分の気持ちを大切にすることを教わりました。
一人目のお産と違い、おなかが大きくなるにつれて自分の体からあふれる程のパワーが満ちているのを感じました。赤ちゃんを意識することでパワーも2倍になったのでしょうか。
現在、我が子は5ヶ月になりましたが、いつもニコニコ穏やかな子です。我が子を意識して出産も共に頑張ったからか、私とこの子の想いが通い合っていると感じる面が多々あります。心が通じ合い、満たされているのでこんなに穏やかなのかなぁと思います。
これから、こりすクラブに通い0歳・1歳・2歳とどんな子に育ってくれるか楽しみです。
私も一緒に遊び、学び楽しみ、もっと大きなお母さんに成長するつもりです。
                               Wさん 

 
Facebookのアカウントをお持ちでない方で「ログインしてください」の表示が出た場合は、キーボードの「esc」キーを押していただくと、ログインしなくてもご覧いただけます。
<<学校法人帯広学園>> 〒080-0010 北海道帯広市大通南12丁目7 TEL:0155-22-5777 FAX:0155-22-5775