帯西幼稚園の園長先生ブログ!

 

園長ブログ!

   
園長ブログ「日々是好日」  
 
フォーム
 
園長ブログ VOL 63
2018-11-14
ステージ袖から・・・   
 
ステージ袖にいると子供たちの発表会に向かう息づかいが面白いようにわかります。
真剣に次にやることを考えて並ぶ様子。一人一人の向き合う真剣なまなざし。 または楽しそうに出番 を待つ子供たち。
 
ステージ脇では子供が自らが自分の役割を覚えて動いていて先生の掛け声はほとんどありません。
緊張しているのは先生の方なのです。
そんな、子どもたちの緊張しながらも楽しそうに自発的に動いて向かっていくその姿に大きな成長と感動を感じます。
本番ではステージ脇で先生が心配そうにのぞいてます。そんなことも知らずに真剣に一生懸命に向き合う子供たちの姿。自分から動いて練習より驚くほど上手にやってしまう子供たちの姿、、。
そんな姿に感動して実はステージ影でウルウルきている先生方なのです。
 
園長ブログ VOL 62
2018-07-19
運動会を終えて」   
 
第42回運動会が何とか終わって、そして1学期が終わり、長い夏休みに入っていく。
当日開催がハラハラさせられた運動会だった。その後降り続いた雨で今考えるとあの時しかなかった運動会だった。短縮プログラムでなんとか早巻で子供のプログラムを中心にすべて終わることができた。お父さん方の迅速な動きに感謝したい。本当にお父さん方がいなかったらあんなにもスムーズにいかなかっただろう。
 
子供は運動会を契機に急に成長が伸びる。達成感とお友達との仲間意識が急速に芽生えるからだ。こんなに自分はできた。そしてお友達とやって楽しかった。みんなといると楽しい。    
これは当園の目標である自立力と共存力がついてきてくるからだ。これは巷で言う「非認知能力」でもある。受け身ではなく、自分がやる。そして考えなくとも自然に当たり前にできる。1学期の目標は自分のことができるようになることが大事だが、それとともに運動会の様々な体験を通してみんなとの協力や関係づくりが強化されていく。そうして2学期の充実期に向かって行くのである。子供は先生からばかりでなく、友達から学んでいくのだ。憧れ、競争心、そして自分でもできていく自信。小さな発達をみのがさないように心がけたい。
 
ご家庭でもお手伝いをぜひさせてください。役割と認識。そうしてできたら、ほめる。そしてハードルを少しづつ上げて新たなことも挑戦、目標にさせる。長い夏休み、夏休み明けの子供たちの大きな成長に驚かされます。それを楽しみにしています。どうかいい夏休みをお過ごしください。
 
園長ブログ VOL 61
2018-03-12
年長のこの時期にみる「生きる力」。    
 
幼稚園もあとわずかになりました。ご支援ご協力ありがとうございました。本当にこの3学期になって子供の成長は各学年著しいなと感じます。
 
特に年長は名人や師範のテストの取り組みの成果が出ています。本人達がそれぞれこのテストに真剣になることによって初めて気づき、自分の事として自覚する。まさにこの自覚することが大事で、自分事としてとらえ、クラスみんなと真に共有して協力を得ながら本人がガラリと変わっていく姿、それは教師からみても目を見張るものがあります。
ホントにこの子にこんな力が眠っていたのか。諦めかけたのは教師の方ではないか。「やればできる。」、「本気になる」とはこういうことだということがわかります。こどもの力はやはり強いです。強いものを持っているのです。
 
このテストは一つのハードルですが、運動ということが何か一つできるともっとやりたいが増えて意欲的になって、そのことが生活面や他のことにも力が及んで、できることがいっぱい増えて連鎖的にかつ飛躍的に増えていくということが起きます。しかもそれは集団の生活の中でしか本当の力は起きません。
みんなを意識するからです。
 
目標をもつこと、目標を与え続けることの大事さ、その中でみんなと共に自分に気づいていくこと、共有体験が実を結んで大きな成果になっていると本当に感じます。また最近TVでみるオリンピックでの日本人の活躍、そんな効果もあるかなと思います。
できる事がこんなに増えていくと、この時期の年長のイメージを超えていて、もう一年いろいろなことをやらせてやりたいなぁと毎年つくづく感じるこの頃です。でも小学校へ行くと最下級生として、幼稚園扱いされてしまうんだろうなとも思います。もっとできる事がたくさんあるのに、、。
 
幼稚園でつけた「生きる力」の根源、「やれば出来る」という生きていく上で大切な「自己肯定感」、この力をつけて、小学校でも人にやさしく、自分に強く、そしてたくましく、どんなことにも負けずにリーダーシップをもって進んでほしいなと切に願います。ご支援ありがとうございした。
 
園長ブログ VOL 60
2017-06-28
チャレンジ、みんなでGO、めざせ金メダル!
 
 運動会がいよいよ近づいて来ました。
今年で41回になります。
子供達も、そこに向かう姿勢が日々最高にでき上がってきました。遊戯、競技、リレーなど、クラスとしてのまとまりも出来てきて、大きな変化、成長を感じています。クラスが一丸となって頑張ること、そして当園でやっている学年を超えての3学年での対抗戦。応援など縦割り保育が互いにいい力を発揮してくれています。自分のクラスだけでなくお兄さんクラスの凄さや、弟クラスの変化と応援と育み。こういった学年を超えたまとまりの力をこの時期につけておくといい形で1学期を終えることができて充実した余裕のある2学期を迎えることができます。
年長の走りなどにも注目してください。競争心は間違いなく生きる力を与えてくれます。
組み立て体操も素晴らしいものに仕上がってます。一人ひとりに大きな成長を感じることでしょう。無限の可能性、また未来の姿も想像することができます。
当日の天気もなんとか、幸いくもりで雨にはならない予報です。

やれば必ずできる。そして、できたことが嬉しい!もっとしたくなる。
そんな子供たちに大きな拍手をお願いいたします。
この時期の体力の発達は知力にも大きな影響与えています。
今年のテーマは「チャレンジ、みんなでGO、めざせ金メダル!」です。それぞれが頑張ってとったピカピカの金メダルを首にかけてもらって誇らしげな子供たちの顔が楽しみです。

なお当日はたくさんのお客様が来場します。ビデオや車の駐車なども邪魔にならないように互いに気を配って、楽しい観覧ができることを望んでいます。
 
園長ブログ VOL 59
2017-03-09
年長のこの時期にみる「生きる力
 
 本当にこの3学期になって子供の成長が著しいなと感じます。
特に最終学年のこの時期の「年長」には素晴らしい成長が見られます。
名人や師範のテストの取り組みの成果が出ています。本人がそれぞれこのテストに真剣になることによって初めて自分の力に気づき、自分の事として自覚する。まさにこの自覚することが大事で、自分事としてとらえ、その自覚したことでクラスみんなと真に共有して協力を得ながら本人がガラリと変わっていく。
実は今日も最後までできなかった子どもがいて、それに対するクラスみんなの関わり合いによる感動的ドラマがありました。詳しくは担任に聞いて下さい。
 
 このテストは一つのハードルですが、運動ということが何か一つできるともっとやりたいが増えて意欲的になって、そのことが生活面や他のことにも力が及んで、できることがいっぱい飛躍的に増えていくということが起きます。まさにできる力、できた力の自信の連鎖のようなものです。これはしかも集団の生活の中でしか本当の力は起きません。
こういった年長の力を見ていると、目標をもつこと、目標を与え続けることの大事さ、その中でみんなと共に自分に気づいていくこと、共有体験が実を結んで大きな成果になっていると本当に感じます。
 
 年長の卒園がもうあとすぐになりました。今日の最後のドッジボールでの素晴らしい反応や投げ方、一体感など、お友達への思いやりの言葉や態度を見てると、この時期の年長のイメージを超えていて、もう一年いろいろなことをやらせてやりたいなぁと毎年ですが、つくづく感じるこの頃です。
小学校でも人にやさしく、自分に強く、そしてたくましく、どんなことにも負けずにリーダーシップをもって進んでほしいなと切に願います。
 
Facebookのアカウントをお持ちでない方で「ログインしてください」の表示が出た場合は、キーボードの「esc」キーを押していただくと、ログインしなくてもご覧いただけます。
<<学校法人帯広学園>> 〒080-0010 北海道帯広市大通南12丁目7 TEL:0155-22-5777 FAX:0155-22-5775